アナウンスハウス松山とは?About

伝わる嬉しい 
伝わる気持ちいい

司会やナレーションなど
アナウンサーとして「伝える」こと。

講座やセミナー、個人レッスンやコンサルティングで、
「伝え方を伝える」こと。



「伝わる嬉しさ」を感じて、
一人一人がより生きやすくなるよう
お手伝いをしたいと思っています。

大切なのは
「何を伝えたいか」を自覚すること。

アナウンサーとして20年「伝える」ことを追求してきました。
前職の教員も「伝える」ことが仕事です。

アナウンサーとしても、教員としても「伝える」と「伝わる」は違うということに向き合わざるを得ませんでした。
だからこそ、「本当に伝えたいこと」を伝えるためには、どうすればいいのかを考え続け、実践し続けてきました。

言葉の選び方、話し言葉の組み立て方、原稿の構成、伝えるための声などは、トレーニングによって誰でも上達します。

しかし、トレーニングで技術を上達させただけでは、本当に伝えたいことが伝わらないことも多いのです。
それは、伝え手自身が「何を伝えたいのか」を自覚できていないことと「その人にあった伝え方」をしていないことに大きな原因があることがわかってきました。

伝えたいことを伝えるために必要なことは、まず「何を伝えたいのか」を自覚すること、その人にあった「伝え方」を知り、実践することです。

大切なのは「何を伝えたいか」を自覚すること。 本当に伝えたいことを、一緒に探していきましょう!

「伝わる嬉しさ、心地よさ」は
人生を変える

「伝え方」「言葉の受け止め方」は、思っていた以上にその人の特性が現れます。自分の伝え方、受け止め方の特性を知ってから、伝えることを工夫できるようになると、これまで以上に「伝わった!」という感覚が得られるようになります。

「伝わる嬉しさ」と「伝わる気持ち良さ」は、人生を変えるほどです。

これまでに、「人生を変えた」、「居心地が良いと思える場所が増えた」、「生きづらさが和らいだ」という声もいただいています。
「声を使って伝える」ことが、課題解決の役に立ちますように。

福井一恵

「伝わる嬉しさ、心地よさ」は人生を変える

Profile

アナウンスハウス松山合同会社
代表社員福井一恵(ふくいかずえ)
ニックネーム:いちえ

【肩書き】

アナウンサー・スピーチトレーナー・コンサルタント・講師・ライター

高松市生まれ。愛南町育ち。
愛媛大学大学院教育学研究科修了。
平成9年にNHK松山放送局入局。
FM「ゆうやけジョッキー」のパーソナリティ、ラジオ第一「土曜サロン四国」「四国おはようネットワーク」キャスター、総合テレビ「いよ路情報」キャスター、「いよかんワイド」「西日本の旅」リポーターなどを務め、フリーになった後も、ラジオニュースやイベント司会などNHKに20年以上関わっている。

また、NHK以外にも、FM-NACK5、FM-FUJI、FM愛媛の各局でニュースアナウンサーを務めたほか、読売ニュースポッドキャスト、CS放送、吹奏楽やマーチング、オペラガラコンサートなど、クラシックコンサートの司会やナレーション、ステージでの朗読など、安定した読みと臨機応変な対応力が評価されている。

さらに、アナウンサーとしてだけではなく、教育の面でも愛媛大学教育学部非常勤講師、特別支援学校講師、公立中学校講師と講師としての実績もあり、企業や団体の研修講師や個別指導の依頼も多い。特に話し方や面接対策、スピーチなどの個別指導では、アナウンサーとして培ったインタビュー技術を生かして行うコンサルティングは、もやもやがスッキリすると好評で、受験・就活・仕事を成功に導いている。

福井一恵

【資格等】

教育学修士(愛媛大学大学院教育学研究科修了)
中学校および高等学校教諭専修免許状(音楽)
中学校および高等学校1種免許状(音楽)
電話応対技能検定(もしもし検定)1級
絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト®️
こどもアナウンス発声協会認定 発声指導者
ライフオーガナイザー®️1級
効き脳®️フェロー

【きき脳 ADCの三重優勢/うさ脳】

MENUアナウンスハウスができることをメニューにまとめました。

※「きき脳コンサル®︎」「きき脳会話術®︎」はアナウンスハウス松山 福井一恵の登録商標です。

アナウンスハウスの日々

アナウンスハウスの講座のお知らせ、セミナー開催レポなどをお伝えします。