ブログBlog

苦手に向き合ってみた話。〜パーソナルカラー&骨格診断を受けました〜①

2018.01.18
個人レッスン

Last Updated on

苦手に向き合ってみた話。
先週までは、息つく間が無い状態だったのですが、
今週に入って一息つけるようになりました。
センター試験も終わり、
私立大学を受ける受験生は試験へと旅立っていき、
講義の依頼が落ち着いているのも大きいかな。
そんなベストなタイミングで松山にやってきた
ライフオーガナイザー®の先輩方。
せっかくの機会なので、
愛媛のライフオーガナイザー®のみなさんと食事会をしよう!ということでした。
誘われるままに「行きます!」と参加。
ほとんど面識もなく、
なぜ松山に来るのかもよく把握していないというのに。(笑)
今の私、
普段は、仕事以外で夜の外出は滅多にしないのです。
(子どももまだ2歳ですし。)
ましてや、知らない人が多い食事会や懇親会は苦手…なのです。
(意外かもしれませんが、ちょっぴり人見知りです。
初対面の人が多い集まりだと、最初はおとなしくしていることがほとんど。
大抵、何かのきっかけでバーンとはじけますが(笑)
それが不思議と仕事になると、平気になるんですよね。
人見知りスイッチをオフにできるというか、
仕事スイッチをオンにできるというか。)
でも、
この日はなぜか、会ったこと無い人が半数にもかかわらず、
「行こう」と思ったのです。
不思議。
開始時間が早かった(18:00〜)こと
子ども同伴OKしていただけたこと
前後のスケジュールに余裕があったこと、
などもちろんちゃんと理由はありますが、
それでも、私、なぜ迷わず参加を決められたのだろう。
きっと何かに呼び寄せられていたに違いありません(笑)
食事会では、私は初対面の人が半数でしたが、
みなさんライフオーガナイザー®なので、
共通言語も多く盛り上がること盛り上がること。
盛り上がる…というよりば「爆笑」の渦でした。
なにより驚いたのは、その場にいる8人全員が「うさ脳」だったこと。
だからか…。
うさこ引き寄せだ。
(ライフオーガナイズでは、「利き脳片付け®」という考え方を取り入れています。)

皆さんに掲載許可をいただいていないので、顔を隠してみました。


 
そりゃ、盛り上がるわ。
「うさ脳」は
インプットが右脳、アウトプットが左脳。
感覚で捉えていることを、
理論で一生懸命説明しようとするので、
身振り手振り多し。
それにしても、「うさ」ばかり良く集まったなぁ。
苦手だった「知らない人が多い食事会」にも参加してみて良かった!
そして、
食事会に参加して初めてわかった先輩方が松山に来た理由。
松山でパーソナルカラー診断(カラーシェイプ・コンサル)
&骨格診断(骨格スタイル分析)開催

のためでした。
ちゃんと事前に告知はあったのです。
食事会のお誘いの時も説明があったはず。
それでも、あまりの余裕のなさに、私がスルーしていたようです。
そして、これをきっかけに私の最大の「苦手」にも向きあうことになったのです。
つづく。
(タイトルにカラー&骨格診断を受けたと書きながら、長くなったので次回に続く…)
 
 
 
 

ライン公式アカウント よかったらお友達追加してください

友だち追加