ブログBlog

ナレーションのデータ納品

2019.05.31
アナウンス

Last Updated on

ナレーションの編集作業中

忘れられているかもしれませんが、
アナウンスハウス松山は、アナウンサーの会社です。

最近では、SNSでもブログでも、
講座とか個人レッスンとか、コンサルとかの発信ばかりなので、
忘れられているかもしれないと、心配になりました。

ナレーションの音声データを編集しながら、
そういえば、最近、アナウンサーらしい投稿してないな、と気づいた次第です

司会したり、ナレーションしたり、アナウンサーらしい仕事もしています。

さて、今日はナレーションの収録と編集を行いました。
WAVやMP3でのデータ納品です。

最近では、スタジオに行って収録するより、
データで納品することの方が多いです。

手に入りやすい録音機材の品質も上がり、
編集もデータ編集が当たり前になり、
出来上がったデータはオンラインで納品。

いわゆる「宅録」ですね。

アナウンスハウスでも
セミナールームの一角に
吸音材を貼り付けて
「録音コーナー」を
作っています。


おかげで、高品質なナレーションデータを提供しやすくなりました。

でも、やっぱり、テレビ局や録音スタジオでの収録の方が、
アナウンサーは、ナレーション(音声化)に集中できます。

スタジオ内にいるディレクターと相談しながら、原稿の細かい言い回しを変えて、よりよいナレーションへと極めることができます。
さらには、映像を見て声の空気感を変化させたりできるので、
満足度の高いナレーションを提供できます。

なにより、スタジオ内の音声さん(技術スタッフ)やディレクターと一緒に
チームで完成度を上げていく、
こだわって極めていく過程がたまりません。

一方で、データ納品の良さは、気軽さです。

スタジオ収録と違って孤独な作業です。

送られてきた原稿を収録するのが原則なので、
細かな言い回しの変更ができなかったり
映像にあわせて収録することができなかったり
自分で編集までするので、手間がかかったりします。

ナレーター側としては大変です。

でも、スタジオを予約したり、
スタッフ全員のスケジュール調整をして
収録日程をあわせたりする必要がないため、
時間も費用も抑えられます。

なにより、気軽にプロに依頼できるようになりました。

これまで自社スタッフが録音していた留守番電話や、自動応答音声、
企業紹介動画、商品紹介動画、説明動画など
音声(ナレーション)がプロになるだけで、
企業イメージが大きく変わるものです。

ナレーション録音&データ納品、承ります。

ちょっといいかも!と思ったら、ご相談ください。

アナウンスハウス松山合同会社 代表社員 福井一恵





現在募集中の講座
 

★絵本読み聞かせ講座
7月5日(金)10:30~12:30
★読み合いっこの絵本会
7月11日(木)10:30~12:30
★絵本講座&読み合いっこ
8月1日(木)10:30~13:00

朗読講座(グループ)【残席1】
7月9日(火)10:30~12:00
7月23日(火)10:30~12:00

★きき脳会話術コミュニケーション講座【半日集中コース】
7月9日(火)13:30~16:30

★きき脳会話術コミュニケーション講座【6回コース】
土曜午前コース(6/8開講)

★人材の悩みをコミュニケーションで解決する「きき脳会話術」研修
ご希望の日程をおしらせください