ブログBlog

「イラストの力で課題解決」タカイチさんのイラストでプレゼン資料がこんなに変わる!

2018.11.22
個人レッスン

Last Updated on


「イラストの力で課題解決したいんです。」と話してくれたのは、
レスポスイラストレーションズのタカイチさん。

タカイチさんの説明イラストがすごい!と知ったのは
noteの投稿からでした。
「そうそう、こういうの言葉だけでは説明難しいよね」
というものを、イラストで表現することを極めています。
たとえばこんな感じ↓

https://resposillust.com/merit_demerit/

noteですっかりファンになり「いつか、この人に会いたい!」と思っていたら、
ある日「きき脳会話術」講座の申し込み名を見てびっくり。
これは、あのタカイチさんでは!?
講座を終えるとすぐにタカイチさんから
「多くの時間を過ごす場所が、自分をわかってもらえている場所になることを願って」
という私の最後のスライドにとても共感したとメッセージをいただきました。
そこで、あらためてお会いすることに。
「イラストの力で課題解決の役に立てたら」と話すタカイチさんに
今後は私がとても共感!

タカイチさんは「イラストの力」で、
私は「言葉の力」

「課題解決」に取り組みたい
うん。繋がってる!
そこで私の講座で使っているひどい図の話に。
私はイラストが描けないのですが、なんとかイメージを伝えたくて
フリー素材も利用しつつ、こんな図を作っていました。

その話から、タカイチさんのイラストコンサル開始!
何を視覚情報で伝えて、何を話して伝えるのか
イラストなら伝えやすいこと、
言葉も、表示した方が伝わる場合もあれば、表示しないほうが伝わる場合もある。
言葉や声を使って「伝える」ことは極めてきたつもりですが、
視覚情報はさっぱりの私。
目からウロコとはこのことです。
そこで、コンサル後にタカイチさんに描いてもらったイラストを使って、
作り直しました。

↑ビフォー
↓アフター

さらに、もう1つビフォー&アフター。
私が作ったのは、こんなにごちゃっとしていました。
色も多くて、何が伝えたいのかわかりにくいですね。

↑ビフォー
タカイチさんコンサル後のアフターはこちら。
↓アフター

「ひとりひとり違う!を極めた理由」を図解しているのだ
というのがわかりやすくなりました。
他にも、 「きき脳会話術」に欠かせない
大脳新皮質、大脳辺縁系、脳幹のイメージや、

右脳・左脳のイメージも。

そしてなんと、地図も作ってもらいました♪
(タカイチさんが迷ったから…!?)

イラストの力言葉の力が合わさると、
課題解決のための強いツールになります!
講座の資料やプレゼン資料、ちょっと図解できたら…
ちょっとイラストがあれば…
そんな需要に応えてくれるだけではありません。
イラストで問題解決するためのコンサル付きで描いてもらうことをお勧めします。
アナウンスハウス松山の福井からの紹介だといっていただければ、
ご紹介特典で大幅割引ありだそうです!
ちなみにイラストにするより前に、
「何を伝えたいのかモヤモヤしている」という方には、
掘り起こし&整理を
アナウンスハウス松山のきき脳コンサルでお手伝いいたします!
(ついでに自分の宣伝)

おまけ。
タイムラプスの話になって、
お試しで録画&イラスト描いてもらったのがこちら。
あまりにタイムラプスが早いので、iMovieでスピードを落としました。

タカイチさんのサイトはこちら