ぐっすり寝たあと、自分が誰だかわからなくなったことありますか?

ながーい眠りから目を覚まして

「えっと、ぼくはだれだっけ?」

と「くまさん」

くまさん

子どもの頃、親戚の家に泊まりに行って
目を覚ましたとき、
いつもと違う天井に
「あれ?どこだっけ?」
となった感覚。

大人になってからも、出張先で目を覚まして
「あれ?どこだっけ?」
となる感覚。

一瞬、違う世界に行ってしまったような不思議な感覚。

でも、「あ、そうだった」と思い出して
「よかった」
とホッとする感覚。

そんな感覚になるのは、
旅先にも関わらずぐっすり眠ったときだけのような気がします。

春が来て目を覚ましたくまさんもきっと
ぐーーーっすり冬眠してたんでしょう。(想像)

読み合いっこで楽しむ「絵本セラピー」NHK文化センター(2018.03.19)
今回のテーマは「春が来て」
でした。

「くまさん」は、まど・みちおさんの詩が絵本になったもの。

今回は、同じ絵本「くまさん」を違う読み方で3回読みました。

1回目は、歌(コッコサンの読み聞かせで人気のコッコサンオリジナルバージョン)
2回目は、NHK Eテレ「いないいないばあ」の中でゆきちゃんがうたっているバージョン
3回目は、普通に読みました。

3回読んで、それぞれ心には違うものが届いたようです。

さて、去年、春に開講したNHK文化センターの
「読み合いっこで楽しむ〜大人のための絵本セラピー®︎」ですが、
4月以降も継続することとなりました。

絵本が好きな人も、そうでない人も、
第1、第3月曜日の10:30~12:00にお時間がありましたら
気負わず気軽にご参加ください。

NHK文化センター松山教室

今回の読み合いっこで集まった絵本はこちら。

「嫌いと思っていたけど今日読んでもらったら良かった!」

「この本、自分で読むのには絶対選ばないと思ってたけど、読んでもらったら面白かった!」

「この人の絵本大好き」「ごめん、私はやっぱり嫌いなの」

今回の講座で確信しました。
私は参加者の皆さんが大好きです!

「好き」も「嫌い」も、本音ってなかなか言いづらいものだと思います。

相手が嫌いなものを「好き」っていう怖さ、

相手が好きなものを「嫌い」っていう怖さ、

それを超えて、

「好き」も自由、「嫌い」も自由。

これを好きだと思う私もOK!嫌いだと思うあなたもOK!

「絵本」を通してだからでしょうか。

どんな自分でも、どんな気持ちをもつ自分でも、
そこで気持ちを表して大丈夫な場になっていること。

涙がでそうなほど、
「ああ、大好き!」と確信した時間でした。

絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト®︎ いちえ

もぐらのサンディ (のびのび・えほん)あ、はるだね (講談社の翻訳絵本)おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)はるのやまはザワザワ
たくさんのドアあなたがうまれたひ (福音館の科学シリーズ)あさになったのでまどをあけますよ

 

これからの予定

「夏休み企画!キッズ・アナウンス講座」

【日時】
2018年7月26日(木)15:30〜17:00 (1~3年生)
2018年7月27日(金)15:30〜17:00 (4~6年生)
✴対象学年じゃないクラスへの参加もOKです。
兄弟での参加なども、日程の都合の良い方でご参加ください。
【場所】
松山市湊町5丁目2-2 伊予鉄西ビル2F
いよてつカルチャースクール
http://www.iyoplan.jp/culture/
【申し込み】
0120-141-413(平日9:00〜18:00)
いよてつカルチャースクール

★読み合いっこで楽しむ「大人のための絵本セラピー®︎」
(NHK文化センター)

毎月第1・第3月曜日 10:30〜12:00
NHK文化センター松山教室 

★録音して楽しむ「朗読講座」(NHK文化センター)

毎月第2金曜日 10:30〜12:00
NHK文化センター松山教室 

 

Related Entry

分けるとわかる!私の分け方〜カトラリー編〜

キッズ・アナウンス・プロジェクトに参加しませんか?

NO IMAGE

石津ちひろさんの絵本を朗読で

進学や就職に悩んでいる人へ〜効き脳で適性を知ろう!【学生限定...

喉に良いと言う大根飴を作ってみました。

「おめでとう」「ありがとう」がたくさん